最新の施工(1月)

自社で施工する現場の画像などです

施工工事の一部になります。

1/31(土) 垂井 西町山倉 扉板金工事

板金 平葺 角納め 養生
平葺 角役物取付1

はい!今日は角役物を付けていきたいと思います。


角役物はLの字型で比較的簡単な形状です。


しかし、ハゼ(1/26参照)かけをしながら取り付けていくので少し手間がかかります。


しかも平板とのバランスを考え、同じ長さで取り付けていかねばならないので短い役物(短尺)になります。


さてまずは角役物をはめ込みテープを貼ります!!

板金 平葺 角納め
平葺 角役物取付2

さらに貼ります。

板金 平葺 納め ハゼつぶし
平葺 角役物取付3

角役物を最初取り付けた時はハゼはおりっぱなしと言って、カタカナの「レ」の字に折れているだけです。


なのでハゼをたたきひらがなの「つ」の字にしなければすぐハゼが外れてしまいます。


そのため「拍子木」といわれるこの木でたたきハゼをつぶします。


その時板金に傷がつくのを防ぐためにテープを貼っています。

そしてどんどん取り付けていきます!

木下地 軒天
軒天 板金巻 下地(木)

そしてこちらが扉の上の部分。庇の下側になりますがここに鳥がよく止まるため鳥が扉の上に止まれないように板金でふたをします。


こちらは木で下地をしっかり組みます。

軒天 変形型
軒天 板金巻 化粧

そして板金を巻いたのがこちらです。


上の白色と合わせるため少し特殊な白色の板を巻きます。


平葺 角役物 仕上がり
扉 角役物 取付後

角がつけ終わった全体図がこちら!


壁の板金の板の線(ライン)がそろっています!


これを合わせるのに少し苦労しました。。


今度は外側の角の湾曲角当て。Rの役物なので気合を入れていきます!

1/30(金) 近藤板金 小屋工事

今日は雨の為、工場の改築をしました。

 

画像は完成してからお見せします(^o^)

 

今日はほかの現場の完成写真をおみせします!


輪之内のT様邸です!

小屋 物置 改修後
物置 正面
壁 きれい リフォーム
外壁 改修後
壁 改修前
壁 BEFOR

左の白いところが。。。。⇒

壁 ボロボロ 直したい
壁 工事前

この壁です、大分いたんでいますが、、、自社工事後には・・・

小屋 改修後
物置 正面2

 

外壁 改修前 ボロボロ
外壁 改修前

上の二つは正面のシャッター枠がついたところです。


施工前は撮ってなかったので完成後だけお見せします。


外壁は改修前、改修後をみてください!


ピカピカ!壁の凹凸、(不陸といいます)もしっかり治っていて壁もまっすぐにみえます!







裏側は次の写真です!







壁 リフォーム アフター
壁 AFTER

なんということでしょう

壁 ぴかぴかに直す
壁 工事後

きれいになりました!


外の見かけだけではなく内面の下地も交換していますので耐久力も上がりました!!


以上です。


きれいになって工事する我々もうれしいです(^o^)

1/29(木) 郷鉄工様 雨漏れ補修工事

スレート 雨漏れ 原因
ルーファン水切り 補修前

今日は定期的行っているに郷鉄工の屋根(スレート)の雨漏れ補修です。


雨漏れがひどいという場所の真上あたりに行くとなんとルーファンが!


ルーファンとは「ルーフファン

作業環境を快適化する産業用強制換気扇です。

つまりでかい換気扇です。

しかし!ルーファンをよく見ると斜めに傾いてるじゃないか!



↑の写真を見ると左側は丸いつっかえ棒みたいなのがついてますが右にはありません。


なのでルーファンの重さに耐えきれなくなり下に沈んでしまったのです。

スレート 雨漏れ 穴
ルーファン水切り 雨漏れ箇所

このようにへこんだ場所には穴が空き、そしてへこんで沈み込んでいるので水が流れやすく、結果的に大量の雨漏れが発生します。

スレート 雨漏れ 穴
ルーファン水切り 雨漏れ箇所

こちらも同じように穴が。。。



このままですと、どんどん沈んでいき最終的には底が抜けルーファンがごそっと落ちる可能性があります!!


なのですぐ応急処置をしました。

ルーファン 雨漏れ 処置
ルーファン水切り 応急処置

 かなり拙いですが、アングルを打ち、それにつっかえ棒のようにボルトを固定しました。


そして穴はコーキングで防ぎます。。



ルーファン 水切り 補修前
ルーファン水切り 処置前
ルーファン 水切り 補修後
ルーファン 水切り 処置後

↑こんな感じでとりあえず応急処置はしたので落ちる心配も、雨漏れも止まったと思います。


しかし油断は禁物ですので何かあればまたすぐ行きたいと思います。

1/28(水) 垂井 西町山倉 扉板金工事

壁 平葺 終い
平葺 仕舞

 昨日の続きです。


ハゼの写真とってなかったです(:_;)


こちらは終い、つまり扉の一番上のところです!


寸法を取り加工したものを取り付けます。


寸法はちょっとずつ変わっていくので実際に測ってから作ります。

ハゼ加工完成 納め 平葺 壁
平葺 ハゼ加工完成

こちらがハゼ加工の完成写真です!


拡大しないとわからないかもしれません。


次は角の役物です。しっかりやっていきたいと思います!

1/27(火) 垂井 西町山倉 扉板金工事

山倉 板金 山倉工事
板金平葺 張上げ中

 壁の平葺の続きです。


残りの平板を貼っていきます。


傷や汚れに注意します、基本的に傷がついたらその板は全部交換します。


もったいないですがきれいな仕上がりにしたいので取り換えします。


山倉 板 山倉 何? 工事
板金平葺 張上げ完了

 貼れました。


ぶっちゃけると、ここまでいって板金工事の全体の25%ほどです(笑)


ここから端っこの役物や取り合いの水切りなどを取り付けていきます。


そっちのほうが大変です。

平葺 壁 ハゼ加工
平葺 端部ハゼ加工

 まずは壁に張った平板の端部にハゼ加工を行います。


方法はこのハゼが重なっているところに「たがね」といわれる道具でスジをつけます。


そして90度に曲げていきます。

平葺 壁 ハゼ加工
平葺 端部ハゼ加工2

曲がるとこんな感じになります。


この後まだまだ工程があります。


明日へ!

1/26(月) 垂井 西町山倉 扉板金工事

山倉板金貼り前 平葺 壁
山倉板金工事前

今日は垂井町の垂井小学校前の山倉の板金貼りに行きました。


まずこれが施工前です。


木の下地を直してもらったのですぐ板金貼り工事になります。

平葺 壁 山倉板金工事
一枚施工

壁は今回このように平板を貼っていくような貼り方です。


すごい珍しい施工方法です。


普通は角波とか壁材を貼っていくのが普通なんですが今回は改修前の山倉と同じ仕上がりということなのでこの施工方法です。


これは「平葺」ひらぶきといって平板に近い形状で貼る施工方法です。



板金 平葺施工途中
板金平葺張上げ中

平葺の利点は、まず珍しい上にかっこいいです。

しかも幅、長さをオーダーメイドできます。


僕たち板金屋的には腕の見せ所になります。


なので緊張します。


欠点は、既存の壁材より若干耐久性が弱いです。

あと施工に時間が多少かかります。


ただこれは板金屋しかできない貼り方なので時間がかかるのはしょうがないと思います。

板金 平葺 壁 仕上がり
板金平葺 半分完了

貼れました(^o^)


緑色のやつはテープです。平葺は平板といっても接合部はハゼといって引っかかる形状になってます。

下の写真でいうところの平ハゼ(こはぜ)です。


ですのでひっかける時にその部分の化粧板を傷つけてしまう場合があるのでテープを貼って傷がつかないようにしてあります。


明日も行くので平葺は完成できるといいなと思います。

ハゼの種類
ハゼの種類

1/24(土) 根尾郵便局 外壁張替工事

壁 張替前

今日は根尾の郵便局の壁が一部へこんでいましたのでそれの張り替えを行いました。


こちらが張替前です。


よく見ると真ん中がへこんでいます。

壁 直し

まず、壁をめくります。


赤いところがへこんでいますのでめくっています。


そして一枚貼りました。


この壁の下側の軽天(天井)と壁の間の役物も現場で寸法を取りその場で加工⇒取付を行いました。



壁 張替後

こちらが終了写真です。


二枚きれいに貼りかえることができました。


ただ色が特殊な色だったので色の塗装がまだあります。


根尾は少し遠かったですが無事に終わったのでよかったです。


1/23(金) 大野町 上水道浄化施設 竪樋工事

竪樋工事 コンクリート アンカーうち

今日は浄水施設の竪樋工事のための準備をしました。


このようにコンクリートの壁があり上からパイプが出ています。


ここに竪樋を接続するのですがそのためには竪樋を固定する金物が必要です。


そして!もっといいますとこの金物を取り付けるために今日工事をします。

金物をコンクリートに固定する場合にこういう足が一般的です↓

ターボ羽子板

これです!


これをコンクリートにつけます。。


どうやってつけるのかというと次の画像を見てください!


竪樋取付例
1
CTアンカー
2
アンカーとは
3

こんな感じにつけます!


でもこれどうやって金具ついてんの?ってなりますよね


それがこれを使います!!②の画像です!!










このアンカー

「CTアンカー」と呼ばれる部品をコンクリートに穴をあけ突っ込みそして中をひらかせて出てこないようにします。

その説明が③です。











こんな感じで中が開くのでとれないのです!


今日はこの「アンカー」を取り付けに行きました。


そしてこのあと塗装をする予定と聞き、塗装するとせっかく空けた穴がまたなくなってしまいます。


なのでボルトを突っ込み養生しました。





1/22(木) 近藤板金 工場棚卸

棚卸

今日は一日雨の為、棚の整理をしました。


これが掃除した後の画像です。


これですごくきれいになりました!!


掃除前のはとてもお見せすることができません。

棚卸って?

掃除中はいろんなものが出てきました。


中には20~40年前くらいの材料もありました。


絶版のものなどがあり処分したものもあります(笑)


在庫がでるのはしょうがないですけど在庫の管理の徹底ができるとなおよいかなとおもいます。


きれいになって広々としたので大満足です!

1/21(水) 近江リース 開口回り 板金工事

工場開口回り 板金取付前

今日は近江リース様の工場の開口にシャッター取付工事での板金工事をしました。


このように開口(穴)をあけました。


壁を切断したため切断面がぱっかり空いてしまいました。


そこで板金屋です。


簡単な役物の取付を行いました。

工場 開口回り 板金貼り

できるだけ目立たないように同じような色を選びました。


色は「アイボリーホワイト」です。



工場 開口回り改修 完成

完成しました。


壁面とあまり目立たずかっこよくつけれたのでよかったです。

1/20(火) 輪之内 T様邸 外壁、屋根改修工事

外壁改修 下地打ち 改修前

外壁の続きです。


今日はこの壁の下地を打ちます。。


この壁は見ての通りちょっとなみなみになっています。



外壁改修 下地打ち

なのでこのように木を取り付けるだけではなく、既設の壁と新しく打つ下地との間に調整材(かませ板)をいれなみなみの壁からまっすぐな下地にします!!


これは大変手間がかかりますが仕上がりに影響しますのでしっかりやります。

外壁改修 下地完成

完成がこちら


とてもきれいです(^o^)

外壁改修 リブトタン貼り終え

こちらは昨日壁の下地を取り付けたところに壁を貼っています。。


壁の種類は「リヴとたん」の色は「木目調」です


この色はとても使われる壁材でしかも安価です。


仕上がりもかっこいいです。

屋根 役物付け後

あと昨日貼った屋根にはしっこ(ケラバ)に役物を取り付けました。


ケラバの役物があるのとないのとでは


下地が腐るスピードが全然違います。


取付もよくできました。


もうちょっとで完成しそうです。

1/19(月) 輪之内 T様邸 外壁、屋根改修工事

外装 改修前

今日は家の外壁と庇の屋根の改修工事をしました。


屋根も壁もだいぶ経年劣化が進んでいて材料を固定する木の下地も悪くなっていました。


これでは屋根や壁を貼りかえてもすぐめくれたりしてしまいます。


なので木の下地の取り換え工事からです!!

下地完成 庇工事

こちらが下地を変えた後になります。


まず既設の屋根をめくってから新しい木の下地に取り換えていきます。


軒先は丈夫にするため上下に木を取り付けます。



外装 屋根 波板 改修後

そのあとは屋根をふきます。。


屋根を伏せたら屋根にビスを打っていきます。


端っこだけビスで止めると真ん中が浮いたり、風で飛んだりしてしまうのでちょうどいい間隔でビスを止めていきます。


屋根は「ポリカ波板」色は「ブラウン(茶色)」です。


ブラウンはかなり濃い茶色なので向こう側があまり見えません。向こう側を見たい方はもっと薄い茶色もあります。。

壁 下地直し後

壁の下地打ち後がこちら


窓枠の周りにも壁を貼るときに調子がいいようにぐるっと下地が打ってあります。


次は役物と壁貼りになります!

1/17(土) 輪之内 S様邸 外壁工事

外壁 施工写真

 壁貼りが仮でですが終わりました。


この後にまだ釘が打っていないところを打つ「本うち」という作業があります。


今回は角波の「四山角波」色は「シルバーブラウン」です。


最近この色がマイブームになっているのですごくかっこいい色だなぁと思います。

庇 板金工事

庇です。


上の見えないところに板金を貼っています。

サッシ回りシールうち
サッシ回りシールうち

仕上げのシールうちです!!


まずテープを貼ります。


マスキングテープと言って紙のテープです。


サッシ回りシールうち
サッシ回りシールうち

そしてシールを打ちます。


打ったらへらでなぞってしっかり密着させます。

サッシ回りシールうち
サッシ回りシールうち

こうなります!


これで役物とサッシの隙間から水の侵入を防ぎます。


しいては雨漏れを予防しました。。

1/16(金) 垂井 T様邸 外壁工事 完成

外壁工事 壁の張り替え 壁 直す 板金

完成しました!


最後に白い壁と茶色い壁の境目に見切り水切りといわれる茶色の役物を付けます。


これで家の壁のデザインが全部そろったのできれいです。


お客様も喜んでいたので僕もうれしかったです。

1/16(金) 垂井 T様邸 外壁工事

外壁改修 板金 エンボス貼り

壁貼りをしました。

 

全面茶色の壁からある一定の高さから上を白色の壁にする工事です。

 

壁の種類は「エンボス」色は「白」です

 

これはよくある下が茶色、上が白の家に貼るかべです

 

この色合わせはよくありますがよくあるということはやはりかっこいい組み合わせなのです。

壁貼り 罫書き

上の写真で次の斜めの壁の寸法を取ります。

 

そしてせんを引きます。

 

そのあとカットします。

エンボス貼り 板金

そして一枚ずつこのように貼っていきます。

 

縦横のずれや転びがないかチェックしながら貼っていきます。

外壁改修 垂井外装工事 板金

貼り終わりました。

 

このあと白と茶色の境目に役物を付けて終了です。

 

成写真はまたお見せします。

1/15(木) 輪之内 S様邸 外壁工事

外壁工事 板金 廻り子取付前

今日はあいにくの雨なので会社の整理整頓をしました。

 

なので昨日の別現場のことを書きます。

 

外壁工事にいきました。

 

まずは壁を貼るためにサッシ(窓やドアのことです)のまわりに役物を取り付けます。

外壁工事 板金 廻り子取付後

付けたのがこちらです。

 

窓の周りに「まわりこ」と呼ばれるものがついてます。

 

あと玄関の上の庇に板金を貼りました。

 

またお見せします。。

1/14(水) 赤坂 S様邸 屋根工事

銅板屋根伏せ

庇の瓦部分の一部に銅板屋根を伏せます。

 

これも一段目と二段目をずらす「一文字葺」です

 

銅板屋根 一文字

やねぶせ後がこちら

 

しっかり伏せれました。

 

両端にはシールをうち水の侵入を防ぎます。

銅板 銅版役物 棟

棟を取り付けました。。

 

棟を付けても屋根とは一文字です。

 

棟にハゼかけをして一文字はぜを作ります。

 

銅板はやっぱりきれいです。

1/13(火) ひるがの高原SA 屋根折半工事

タイトフレーム

ひるがの高原SAの屋根折半工事の続きです。

 

きょうは屋根折半伏せを行います。

 

このあいだのタイトフレームがこちら!

折板SV-1

こちらが屋根材。。

 

屋根は

「ハゼ式折板SV-1」色は「シルバーメタリック」です

 

こちらをレッカーであげます!!

折板 SV-1 折板仮伏せ

屋根を仮伏せしたのがこちらです。。

 

シルバーメタリックは平たく言うとてかてかの茶色です。

 

なかなかしぶいです。

 

この折板は工場、車庫などの屋根によく使われています。

 

そのなかでもSV-1はスリムな仕上がりになります。

折板止め面戸取付

屋根の水上の部分です。

 

水が走った時に何もしていないと水上側から流れ落ちてしまうのでこのように「面戸」と呼ばれる部品をつけ不定形シーリング材を打ち水の侵入をしっかり防ぎます。

雪止め金具取付

屋根を伏せたあと雪止めを付けるために金具を取り付けます。


雪止めの位置というのも大体決まっています。


雪止めをつけたところは雪がたまりますので重たくなります。


そのため梁が通っているところにつけるのがいいです。


なのでこのように位置を出して金具を取り付けます。

軒樋吊り金具

軒先(水下)は軒樋を取り付けます。

 

軒樋は「前高130WIDE」色はココアブラウンです

 

この樋はエアロアイアンという種類の樋で軽量、耐候性に優れています。

 

そのため大きい工場などの樋はほとんどこのエアロアイアン系の樋です。

 

写真は樋の金具を付けています。

前高130WIDE エアロアイアン 軒樋 軒樋かけ

樋の取付です。

 

これが前高130WIDEです。

 

色はココアブラウンというとなんだか濃いイメージですが少し薄いココア色です。

 

今日は軒樋までつけて終了しました。

 

もう少しで終わりそうです。。

1/12(月) 近藤板金 小屋工事

小屋 工事 日曜大工 小屋建て

今日は近藤板金に小屋を建てました。

 

このように木で骨組みを作り

 

屋根も付けました。。

屋根工事

屋根はこのように施工しています。

 

柱⇒垂木⇒ルーフィング(緑色のやつ)⇒そして屋根材となります。

 

このルーフィングもしっかり張るとそれだけで雨の侵入を防げるのでしっかり張っていきます。

 

まだ途中ですがとりあえず雨の心配はしなくていいのでほっとしています。

1/8(木) 垂井町 西町 山倉改修工事

西町山倉 垂井西町 西町 神事

垂井町の神事。「曳山祭り」の山車、地元では山(字が違いますが)といいます。

 

その山の倉庫の改修工事を町から頂きました。。

 

今日は扉の板金のめくりからです。

西町山倉 垂井西町 西町 神事

足場があるのでこれにのって作業します。

 

一枚一枚めくっていきます

 

めくった後の写真は撮れなかったのですが、また新設の板金を貼るときに写真を撮りたいと思います(^o^)

建築板金加工依頼

従業員募集!

営業時間

平日 9:00~17:00

土    9:00~17:00

 

定休日

日、祝日

 

お問い合わせ

TEL: 0584-23-2588

FAX: 0584-22-5918

 

点検、相談、見積もり、無料!

 

気軽にお電話ください!


こちらから!

 

http://refo-mart.co.jp/